子宮内膜症も漢方で予防できる|定期メンテナンスでヘルスチェック

医者

早く見つけて治す

前立線がんの特徴

病棟

前立線がんとは前立腺に発生する癌です。前立腺は精液の一部を作っているクルミ大の臓器で、女性には存在しません。そのため前立腺がんは男性にのみ発症するがんです。前立線がん患者は欧米に多く、相対的に見て日本人の発症は少ないとされてきましたが、近年は急増傾向にあり、二十年代には胃がんの患者数を追い抜くと言われています。 遺伝子異常が原因とも言われていますが、ハッキリとした解明はなされていません。食生活の欧米化、社会が高齢化した事から増えていると言われています。特に五十代以降の高齢者に多く見受けられ、六十五歳以上では顕著に高くなります。前立線がんは自覚症状が殆ど見られず、細胞の成長速度が非常に遅い事が知られています。

転移がんの性質

他のがんと同様、前立線がんも転移のリスクは常に存在しています。転移はがん細胞がリンパ液や血液と一緒に流れる事で、別の場所で増殖します。前立線がんは前立腺に近いリンパ節や骨に転移する事が多いとされていますが、肺や肝臓などにも転移した報告があります。 転移がんの特徴として、転移元のがんの性質を引き継ぎ、その点においては変化を起こさない事にあります。前立線がんが肝臓に転移したとしても、それは肝臓がんの性質を持つのではなく、前立線がんの性質を持っています。つまり、前立線がんの時と同じ、細胞の成長速度が非常に遅いがんです。 前述の通り、前立線がんは成長の遅いがんです。例え早期発見に失敗しても、適切な治療を行えば、長い期間に渡って普通の生活を営む事ができます。