子宮内膜症も漢方で予防できる|定期メンテナンスでヘルスチェック

医者

便利な内科をお探しなら

内科にかかる症状とは

女性

内科は主に薬で治療する病気をみる科です。切開したり手術で治す外科とはこの点で異なります。ですが、一般的にとりあえず困った症状がある、どこにかかったらいいかわからないといった場合は内科にかかってかまいません。もし外科などほかの科が望ましい場合には適切な科を教えてもらえます。 都筑区にも多くの内科があります。風邪など1回もしくは数回通って終わりそうであればどの内科にかかっても構わないと思いますが、生活習慣病など継続的に通うのであれば、通いやすさを考えて内科を選びましょう。 内科は大病院の中にもありますが、原則は急な病気の場合でも時間内であればまずクリニックや診療所とよばれる都筑区の1次救急にかかりましょう。大病院に皆が受診すると、本当に重症な方の診察が遅れて取り返しのつかないことになります。1次救急で特別な検査や治療、入院が必要と判断されれば、連携している都筑区の適切な病院へ紹介してもらえます。

都筑区の病院にかかるときには

病院にかかるときには保険証をわすれずに持っていきましょう。また医療証や受給者証がある人はあわせて受付で提示します。これらを忘れてしまうと一旦全額支払わなければいないことがあり、後からもう一度会計をするなど手間が増えます。 また他の病院から紹介してもらった場合は紹介状を持っていきましょう。大病院にかかる場合、この紹介状があるかないかで料金が変わることがあります。 また普段の体の状態がわかるようにお薬手帳や普段の検診結果があるときは携帯するようにしましょう。これらの情報があると薬の飲み合わせの問題がないように配慮してもらえたり、余分な検査をしなくて済む場合があります。 初めて都筑区内で病院にかかるときには、不安があれば病状や持ち物をあらかじめ電話で聞いておくと安心です。